ネイルの資格の難易度について

ネイルの技能検定の難易度について

ネイルに関する資格には、いくつかの種類がありますが、その中でいちばん歴史があり、かつ認知度が高いのが「JNECネイリスト技能検定」です。
ネイルアートやネイルケアについての知識や技術を認定するための試験で、1級から3級まであります。
3級から受験することができて、難易度も1級になると徐々に難しくなっていきます。
各級には受験資格が設定されていますが、3級は義務教育を修了していれば受けられます。
つまり、中学校を卒業さえしていれば、高校生でも3級の資格を取得することが可能になります。

 

そして、3級に合格すれば2級が受けられ、2級に合格すれば1級を受けられるというシステムなんですね。

 

この試験の難易度はどれくらいかというと、1級と2級の合格率は50%となっており、決して簡単とは言えないレベルです。
試験は実技と筆記で行われてますが、特に難しいのが実技です。
筆記については、練習問題をひたすら繰り返せば解けるようになりますが、実技については、やはり経験者の指導を受けなければ、合格は困難です。
一方、3級の合格率は90%なので、こちらは趣味レベルの人でも合格できる可能性があります。
ですが、仕事で求められるのは2級以上のレベルなので、多くの人は学校に通って取得を目指しています。
もちろん、独学でもできないことはありませんが、やはり時間がかかるので、金銭的に余裕があるのなら、学校に通ったほうが結局は効率的と言えます。

 

こういった難易度は難しいから避けるという判断よりも、どこを自分は目指しているのかを大事にしないと
結局は意味のないネイルの資格を取得してもそれはそれで無駄になってしまいます。

 

そして最近ネイリスト技能検定とともに注目が集まっているのが、
NPO法人日本ネイリスト協会が主催している資格の中でもネイルサロン衛生管理士という資格です。

 

プロのネイリストさんも多くがさらにスキルアップや必要な資格と判断されて注目が集まっているんです。
ネイリストのスキルの証明としての資格と、お客様への安心感と衛生面の配慮がされているアピールができるということから多くの受講者が増えているという背景があるんですね。

 

ただしい判断で選んでいきましょうね。

関連ページ

ネイルの資格は男性でも取得できるのか
多くの人気ネイリストが活躍するネイル業界で、男性がネイルの資格を取得して働くことはどうなのでしょうか。プロになるためにを考えてみましょう。
ネイルの資格取得に必要な学歴
資格には取得条件などがあったりするのですが、ネイルの資格取得に必要になる学歴はどういったものがあるのでしょうか。
ネイルの資格を取得するには年齢は関係ない
ネイルの資格を取得するのに年齢を気にされる方がおられます。中学校卒業してさえいれば、誰でも受験できるので、学生、主婦、年配の方問わずチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
ネイリストの資格を取得にかかる期間
ネイルの資格をとる期間をどのくらいなのかやどんな流れで学ぶ方が増えてきているかなど、全体的なことを特集しているページです。
ネイリストに必要な衛生管理の資格
ネイリストの資格の中で、学ぶ必要のある様々な技術や知識の中でもこのページでは衛生管理を取り上げています。
ネイリストの資格の合格率について
ネイルの資格を取得するネイリストさんに効いた受験の合格率についてのページです。
難易度の高いネイリスト検定1級の資格
このページではネイリスト検定1級の資格について簡単に紹介しています。最近受験者が増えてきているのでどんな傾向があるかなど見ていきましょう。
ネイルの資格に関する試験日
ネイルの資格の試験日を見てみましょう。資格を取得したい方でもまずは様々な情報を探ってどんな形で資格を取るのかを一緒に考えていきましょう。
ネイルの資格を目指して勉強する時は
ネイルの資格を取得することをゴールとして目指して勉強するときはどうすればいいのでしょうか。ネイリストの方から聞いてみましょう。
ネイリストの資格の更新について知ろう
ネイリストの資格の更新について知ろう。どんな資格にも期間があって、その間有効になるものがほとんどです。
ネイリストの資格は高校卒業していないと無理?
なにげに聞きにくいようなネイリストの資格は高校卒業していないと無理?なんて疑問。ここでは、そういった質問に答えていきます。
ネイリストの資格を最短で取得するなら
ネイリストの資格を最短で取得するならどういった方法がいいのでしょうか。費用や時間、距離など気にするものは多いかもしれませんが、ここでは時間という意味で見ていきます。