ネイリストの資格の更新について知ろう

資格の更新はどうなってる?

ネイリストの資格でここ数年で取得者が増えてきているものがあります。それは日本ネイリスト協会が認定しているネイルサロン衛生管理士です。この資格は2010年に始まりました。良いところは勤務年数に関係なく、講習を受講して試験に合格すれば取得できるということです。ネイリストとしてお客様に安心安全なネイルを楽しんでもらえるようにサロンの衛生を管理するという資格です。講習は約3時間、筆記試験は20分ほどです。試験当日に結果が発表されますのでその日からネイルサロン衛生管理士として働くことができます。しかしこの資格は更新する必要があります。最初に取得した年を含む3年目の12月末日が有効期限となっています。有効期限の2か月前までに手続き案内の詳細が送られてきますので、その案内に沿ってオンラインで継続の手続きを行います。継続手続きをする際には正会員が1000円、一般会員が2000円、非会員が3000円必要です。しかし1度継続手続きを行いますと、以降は永続認定となるのでその後の手続きや費用などは必要なくなります。登録内容に変更があった時や認定証をなくしてしまった時にはそれぞれ手続きは必要ですからきちんとするようにしましょう。

関連ページ

ネイルの資格は男性でも取得できるのか
多くの人気ネイリストが活躍するネイル業界で、男性がネイルの資格を取得して働くことはどうなのでしょうか。プロになるためにを考えてみましょう。
ネイルの資格取得に必要な学歴
資格には取得条件などがあったりするのですが、ネイルの資格取得に必要になる学歴はどういったものがあるのでしょうか。
ネイルの資格を取得するには年齢は関係ない
ネイルの資格を取得するのに年齢を気にされる方がおられます。中学校卒業してさえいれば、誰でも受験できるので、学生、主婦、年配の方問わずチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
ネイリストの資格を取得にかかる期間
ネイルの資格をとる期間をどのくらいなのかやどんな流れで学ぶ方が増えてきているかなど、全体的なことを特集しているページです。
ネイリストに必要な衛生管理の資格
ネイリストの資格の中で、学ぶ必要のある様々な技術や知識の中でもこのページでは衛生管理を取り上げています。
ネイルの資格の難易度について
ネイルの資格の一つ、JNECネイリスト技能検定の難易度に関してどんなものなのか軽く見ていきましょう。
ネイリストの資格の合格率について
ネイルの資格を取得するネイリストさんに効いた受験の合格率についてのページです。
難易度の高いネイリスト検定1級の資格
このページではネイリスト検定1級の資格について簡単に紹介しています。最近受験者が増えてきているのでどんな傾向があるかなど見ていきましょう。
ネイルの資格に関する試験日
ネイルの資格の試験日を見てみましょう。資格を取得したい方でもまずは様々な情報を探ってどんな形で資格を取るのかを一緒に考えていきましょう。
ネイルの資格を目指して勉強する時は
ネイルの資格を取得することをゴールとして目指して勉強するときはどうすればいいのでしょうか。ネイリストの方から聞いてみましょう。
ネイリストの資格は高校卒業していないと無理?
なにげに聞きにくいようなネイリストの資格は高校卒業していないと無理?なんて疑問。ここでは、そういった質問に答えていきます。
ネイリストの資格を最短で取得するなら
ネイリストの資格を最短で取得するならどういった方法がいいのでしょうか。費用や時間、距離など気にするものは多いかもしれませんが、ここでは時間という意味で見ていきます。