ネイルの資格 履歴書

履歴書に書く資格欄にネイルと・・・

ネイルの資格をとろうと考えている場合、履歴書に書いて有利になるものを習得したいと思うことは、当然のことです。では、どのようなネイルの資格が有利になるのでしょうか。
まず、ネイルサロン衛生管理士です。これは必ず取得しておいた方がよいです。また、サロンに勤務するのであれば、JNE2級、ジェル検定初級を取得していることは、最低限のレベルになります。JNE2級とはJNEネイリスト技能検定2級のことです。1級が最高であり、1級、2級、3級があります。2級はサロンの仕事で通用するケアやリベア、チップやラップ、アートに関する技術と知識が要求されます。3級に合格していないと、試験を受けることは出来ませんし、スクールにかよって取得する場合が大半です。また、ジェル検定はJNAジェルネイル技能検定やINAジェルネイル技能検定などのことです。
カルジェルのデュプロマも取得していた方がよいですが、こちらは取得がとても簡単です。受講すれば取得することが出来ます。巻き爪矯正の資格なども、履歴書に書くと、とても有利になります。

 

ネイルサロンでも資格所有者限定でスタッフを集めるところも増えてきているので、今後はよりその傾向が強くなっていくと考えられます。
このように、ネイルの資格には、履歴書に書いた方が有利になるものが色々とあります。しっかりと取得しておくようにしましょう。

関連ページ

お仕事内容
ネイリストのお仕事内容です。意外と知ってないようなことまでされていたんですね。
ネイリストはいくら稼げるの?
ネイルの資格を取得してネイリストになると、いったいどのくらい稼げるようになるのでしょうか。昔と違って今は様々な働き方があります。そういった資格のふとした疑問を特集中です。
ネイリストの就職率
ネイリストに就職するためには、どのくらいの就職率なのか確認しておきましょう。
出張ネイリスト フリーネイリスト
プロのネイリストさんの中では、フリーのネイリスト、出張ネイリストで活躍されている方もおられます。どういったものなのか見ていきましょう。
育児中でもネイリストの資格をとる方法
育児をしている真っ最中のママさんでもネイリストの資格を取得する方法を掲載しています。赤ちゃんのお世話や家事などで忙しい状態でも学ぶことはできるんですよ。
プロのネイリストを目指した資格と開業
最近ではネイルの人気の高まりとともに資格を取得してプロのネイリストとして自宅などでも開業して働きたいと目指す方も増えてきました。
プロのネイリストに求められるスキル
ネイリストとして活躍するためには、プロならではの誇りがあります。そのためには技術力の高さだけではなく、知識量の豊富さなど様々なスキルが求められます。
ネイルの資格は給料に反映される
ネイルの資格はお給料に反映されるといった概念があるようです。そのあたり本当はどうなっているのでしょうか。
ネイリストの資格は求人に必要か
憧れの職業の一つネイリストになろうと思っても、様々な条件があります。そんな中、ネイルの資格は求人の条件として必要なのでしょうか。
ブライダルネイリストについて
ネイルの資格を取得して活躍するのも、ブライダルネイリストという選択肢もあります。どんな職業なのか見ていきましょう。
ネイリストの仕事道具
ネイルサロンで働くプロのネイリストさんの仕事道具はどんなものがあるのでしょうか。様々だと思いますが、何名かに取材しました。
アシスタントさんの仕事内容
ネイリストのアシスタントさんの仕事内容を見てみましょう。どういったことが普段の働きになるのでしょうか。
ネイリストの資格を取るために必要な費用とは
ネイリストの資格を取るために必要な費用とはどういったものがあるのでしょうか。経費と考えるにしても損はしたくありません。よく見ていきましょう