ネイル 資格 給料

資格が給料に反映されるの?

ネイリストにとって、資格取得は必須です。もちろんネイルの特別な資格もなく、勤務されている方もいらっしゃいますが、多くのネイリストは持っています。

 

それは自分のスキルを裏付けする、一定の証拠になるからという部分ももちろんあります。
お客様は一度会っただけで、このネイリストが高い技能を持っているかなどは見分けることは出来ません。
しかし「○○検定一級」という肩書きだけで安心してもらえます。

 

そして、サロンを経営するオーナーの立場からみても、かなり有効です。
ネイルショップの場合、もともとネイリストが独立して店舗をオープンしたという場合もありますが、特にネイルの知識がない方がオーナーとしてショップを運営しているというパターンも実は多くあります。
これはすなわち、実際にオーナーの目でスキルを見て、給料を決めるというのが、なかなか難しいということを意味するのです。
そこで、資格を持っていることで自分がこれくらいの技術を持っていて、これくらいの給料を頂くのにふさわしいということを照明出来ることにもなるのです。また、転職を考えた場合にも、有利に働きます。前職での勤務実績はなかなか面接の席では証明しづらいものですが、資格があればアピールしやすくなります。

 

よく履歴書などの書類選考などはネイル業界だけに限らず、まずはそこに書かれている能力で人を判断されがちです。
ネイルの資格は技能だけでなく、知識もしっかり学ばないと取得できないので、資格保有者というだけで大事にされて、
お給料に反映されるという意味はあながち間違いではないのですね。

関連ページ

お仕事内容
ネイリストのお仕事内容です。意外と知ってないようなことまでされていたんですね。
ネイリストはいくら稼げるの?
ネイルの資格を取得してネイリストになると、いったいどのくらい稼げるようになるのでしょうか。昔と違って今は様々な働き方があります。そういった資格のふとした疑問を特集中です。
ネイリストの就職率
ネイリストに就職するためには、どのくらいの就職率なのか確認しておきましょう。
出張ネイリスト フリーネイリスト
プロのネイリストさんの中では、フリーのネイリスト、出張ネイリストで活躍されている方もおられます。どういったものなのか見ていきましょう。
育児中でもネイリストの資格をとる方法
育児をしている真っ最中のママさんでもネイリストの資格を取得する方法を掲載しています。赤ちゃんのお世話や家事などで忙しい状態でも学ぶことはできるんですよ。
履歴書で有利なネイルの資格
ネイリストになるために、就職などの際に履歴書にネイルの資格と記入することは、メリットなんでしょうか。そのあたりをサイト内で特集中
プロのネイリストを目指した資格と開業
最近ではネイルの人気の高まりとともに資格を取得してプロのネイリストとして自宅などでも開業して働きたいと目指す方も増えてきました。
プロのネイリストに求められるスキル
ネイリストとして活躍するためには、プロならではの誇りがあります。そのためには技術力の高さだけではなく、知識量の豊富さなど様々なスキルが求められます。
ネイリストの資格は求人に必要か
憧れの職業の一つネイリストになろうと思っても、様々な条件があります。そんな中、ネイルの資格は求人の条件として必要なのでしょうか。
ブライダルネイリストについて
ネイルの資格を取得して活躍するのも、ブライダルネイリストという選択肢もあります。どんな職業なのか見ていきましょう。
ネイリストの仕事道具
ネイルサロンで働くプロのネイリストさんの仕事道具はどんなものがあるのでしょうか。様々だと思いますが、何名かに取材しました。
アシスタントさんの仕事内容
ネイリストのアシスタントさんの仕事内容を見てみましょう。どういったことが普段の働きになるのでしょうか。
ネイリストの資格を取るために必要な費用とは
ネイリストの資格を取るために必要な費用とはどういったものがあるのでしょうか。経費と考えるにしても損はしたくありません。よく見ていきましょう