ネイリストの資格は求人に必要か

ネイリストの仕事に資格は求人条件として必要?

ネイリストとして仕事をするには、一般的にはネイルサロンにスタッフとして雇われるケースと自分でネイルサロンを開業するケースの2つがあります。
ネイリストという職業については公的な資格制度は設けられていないため、どちらのケースにおいても資格を有していなくても仕事をすることは原則として問題はありませんが、自分で開業する場合には顧客の信用を得るためにも肩書きは欠かせないほか、既存のネイルサロン場合でも即戦力の人員を求めることが多いため、実際にはどちらの場合でもネイリストの資格は取得しておく必要があります。
なお、ネイルサロンによって求人の要項はそれぞれ異なりますが、一般的には日本ネイリスト検定試験センターが認定する2級の資格を有していることが応募の条件とされることがほとんどです。
日本ネイリスト検定試験センターが主催する検定試験は1級〜3級まで3つグレードが分かれていますが、このうち2級は3級の合格者のみを対象として実施されるものであるため、実際にはまず最初に3級を受験し、合格しておく必要があります。
2級と3級の検定試験については各季節ごとに年4回実施されているため、順調に進めば最短半年で2級を取得することができますが、試験は筆記と実技の両方が行われるため、合格するためには専門のスクールに通うなど本格的にネイルアートについて学ぶ必要があります。

関連ページ

お仕事内容
ネイリストのお仕事内容です。意外と知ってないようなことまでされていたんですね。
ネイリストはいくら稼げるの?
ネイルの資格を取得してネイリストになると、いったいどのくらい稼げるようになるのでしょうか。昔と違って今は様々な働き方があります。そういった資格のふとした疑問を特集中です。
ネイリストの就職率
ネイリストに就職するためには、どのくらいの就職率なのか確認しておきましょう。
出張ネイリスト フリーネイリスト
プロのネイリストさんの中では、フリーのネイリスト、出張ネイリストで活躍されている方もおられます。どういったものなのか見ていきましょう。
育児中でもネイリストの資格をとる方法
育児をしている真っ最中のママさんでもネイリストの資格を取得する方法を掲載しています。赤ちゃんのお世話や家事などで忙しい状態でも学ぶことはできるんですよ。
履歴書で有利なネイルの資格
ネイリストになるために、就職などの際に履歴書にネイルの資格と記入することは、メリットなんでしょうか。そのあたりをサイト内で特集中
プロのネイリストを目指した資格と開業
最近ではネイルの人気の高まりとともに資格を取得してプロのネイリストとして自宅などでも開業して働きたいと目指す方も増えてきました。
プロのネイリストに求められるスキル
ネイリストとして活躍するためには、プロならではの誇りがあります。そのためには技術力の高さだけではなく、知識量の豊富さなど様々なスキルが求められます。
ネイルの資格は給料に反映される
ネイルの資格はお給料に反映されるといった概念があるようです。そのあたり本当はどうなっているのでしょうか。
ブライダルネイリストについて
ネイルの資格を取得して活躍するのも、ブライダルネイリストという選択肢もあります。どんな職業なのか見ていきましょう。
ネイリストの仕事道具
ネイルサロンで働くプロのネイリストさんの仕事道具はどんなものがあるのでしょうか。様々だと思いますが、何名かに取材しました。
アシスタントさんの仕事内容
ネイリストのアシスタントさんの仕事内容を見てみましょう。どういったことが普段の働きになるのでしょうか。
ネイリストの資格を取るために必要な費用とは
ネイリストの資格を取るために必要な費用とはどういったものがあるのでしょうか。経費と考えるにしても損はしたくありません。よく見ていきましょう