ネイリストはいくら稼げるの?

ネイルの資格を取得して働いたらいくら稼げるの?

ネイルの資格を取得して、働くと言っても大手のネイルサロン、自分で起業して個人経営での個人店などその形態でお給料も様々です。

 

地域のお客様を相手に商売をされる方がほとんどなのですが、その中でもタレントさんやモデルさんなどから指名をもらうような専門的な
ネイリストさんもおられます。
そういった方はお給料体制が特殊になってくるので、このページでは省かせていただきます。

 

最近では都内を中心に、自宅でお客様を招いたり、出張でお客様宅へ出向いてネイルを施術する方も増えてきているので、そうなるとお客様の絶対数にも左右されます。

 

大手のチェーン店でのネイルサロンの場合

地域やそのお店の給料形態にもよりますが、付きの給料は正社員で14万円〜20万円くらいだそうです。
ここからボーナスや手当などが経験やスキルによって付加されるイメージだそうです。

 

また、中には基本給プラス歩合の形でお給料をもらっている方もおられるようです。
やはりお客様が来なければ、会社としての収入にはならないので、そのサロンの給料形態も
そうした内情にもよるようです。

 

個人でネイルサロンを経営する場合

これに関しては、いくら稼げるのかというと答えに苦しむことになります。

 

個人の場合、ネイルの道具、宣伝広告などの様々な必要経費が掛かってきます。また、お客様を呼ぶための努力も必要になります。
お客様がいっぱいついてきたらいっぱい稼げるのですが、コミュニケーションやネイルのスキル、どの程度お客様の要望にこたえられるのかといった
技術も大切になるので、個人でネイルサロンをやられている方は、いっぱい稼ぎたいというよりも趣味の延長でやられている方が多いようです。

関連ページ

お仕事内容
ネイリストのお仕事内容です。意外と知ってないようなことまでされていたんですね。
ネイリストの就職率
ネイリストに就職するためには、どのくらいの就職率なのか確認しておきましょう。
出張ネイリスト フリーネイリスト
プロのネイリストさんの中では、フリーのネイリスト、出張ネイリストで活躍されている方もおられます。どういったものなのか見ていきましょう。
育児中でもネイリストの資格をとる方法
育児をしている真っ最中のママさんでもネイリストの資格を取得する方法を掲載しています。赤ちゃんのお世話や家事などで忙しい状態でも学ぶことはできるんですよ。
履歴書で有利なネイルの資格
ネイリストになるために、就職などの際に履歴書にネイルの資格と記入することは、メリットなんでしょうか。そのあたりをサイト内で特集中
プロのネイリストを目指した資格と開業
最近ではネイルの人気の高まりとともに資格を取得してプロのネイリストとして自宅などでも開業して働きたいと目指す方も増えてきました。
プロのネイリストに求められるスキル
ネイリストとして活躍するためには、プロならではの誇りがあります。そのためには技術力の高さだけではなく、知識量の豊富さなど様々なスキルが求められます。
ネイルの資格は給料に反映される
ネイルの資格はお給料に反映されるといった概念があるようです。そのあたり本当はどうなっているのでしょうか。
ネイリストの資格は求人に必要か
憧れの職業の一つネイリストになろうと思っても、様々な条件があります。そんな中、ネイルの資格は求人の条件として必要なのでしょうか。
ブライダルネイリストについて
ネイルの資格を取得して活躍するのも、ブライダルネイリストという選択肢もあります。どんな職業なのか見ていきましょう。
ネイリストの仕事道具
ネイルサロンで働くプロのネイリストさんの仕事道具はどんなものがあるのでしょうか。様々だと思いますが、何名かに取材しました。
アシスタントさんの仕事内容
ネイリストのアシスタントさんの仕事内容を見てみましょう。どういったことが普段の働きになるのでしょうか。
ネイリストの資格を取るために必要な費用とは
ネイリストの資格を取るために必要な費用とはどういったものがあるのでしょうか。経費と考えるにしても損はしたくありません。よく見ていきましょう