ネイリストの資格における有効期限について

ネイル資格の有効期限

NPO法人である日本ネイリスト協会では、ネイルサロンでの正しい現場対応を身に付けることができるように、ネイルサロン衛生管理士の制度を実施しています。
ネイルサロンでの衛生管理の自主基準についての普及を目的として、ネイリストが安全に国民に対して安心できるネイルのサービスを提供できるように、ネイルサロンの衛生管理についての知識を取得するための制度となっています。
日本ネイリスト協会が実施する講習会を受けて筆記試験に合格することで、資格を得ることが可能になります。
ネイルサロン衛生管理士の資格には有効期限があり、3年目の12月末日までが期限となっていて、資格を継続するときには継続手続きを行うことで3年ごとの延長が可能です。
受講資格は年齢が18歳以上の人となっていて、ネイルサロンでの実務経験があるかどうかは問われません。
有効期限のおよそ2か月前までに、日本ネイリスト協会から送付された手続きの案内に沿う形で書類かオンラインにおいて必要な提出手続きを行います。
継続の手続きについてもオンライン上で行うことができます。
手続き専用のホームページにアクセスすることで、手続きを行うことができて、手数料を支払う必要があります。

関連ページ

スクールに通う
ネイルの資格を取得するのに、実際にスクールに通う方法を紹介しています。現地で学ぶので身にもなりやすいので、めんどくさがりさんにはおすすめです!
通信講座で資格GET
ネイルの資格を通信講座で取得したい方はこちらへ。実際に学校に通えない、などそんなあなたでもネイリストになれますよ。
ネイルの資格を目指して独学で勉強を行う時は
ネイル資格を独学で勉強する場合を考えてみましょう。実際に独学で学んでいる方はどうやっているかなどふまえて特集を組んでみました。
専門学校でネイルの資格を取ってプロになる
ネイリストになるためにも専門学校でネイルの資格を取得してプロとして活躍することを考えている方もおられます。
ネイルの資格を取得する費用
ネイルの資格を取得する方法はスクールや通信講座などがありますが、その費用はどんな感じなのでしょうか
ネイルの資格を取得するための勉強
ネイルの資格を取るための勉強とは、どういったものでしょうか。方法や手段をふまえて学ぶことを特集しています。
ネイルの資格は短期間で取れる?
ネイルの資格の勉強をするにしてもどのくらいの期間で取得できるのかなど、学ぶ時間を知る必要もあります。はたして短期間で資格を取れるのでしょうか。
育児中のママさんでもネイリストの資格をとる方法
多くの女性のあこがれの職業のネイリストさん。その資格を育児中のママさんでも取得する方法を考えてみましょう。
ネイルの資格を取得するためには学校通いが吉
ネイルの資格を取得するためにはやはり学校に通ったほうがいいようです。しかし、実際にはその理由やメリットなど様々な面でみていくと・・・
ネイルの資格を取得するまでの期間
ネイルの資格を取得するまでの期間に関して、複数あるネイルの資格で、だいたいの目安としてどのくらいの期日がかかるのでしょうか。
ネイルの資格があると育児中でも仕事が出来る!
ネイルの資格があると育児中でも仕事が出来る!ネイリストの人気はママさんにも注目されていて、ジェルネイルを体験したいという方も年齢層がとても広くなってきました。